Interview

スペシャルインタビュー 山本未奈子さん

スペシャルインタビュー 山本未奈子さん MNC New York
MNC newyork ロゴ

スキンケアを中心としたオリジナル美容ブランド「Simplisse /シンプリス」とヘアアクセサリーブランド「France Luxe / フランス ラックス」の2大ブランドを展開するMNC New York。その代表を務めるのが、美容家の山本未奈子さん。美容のスペシャリストとしてテレビや雑誌などのメディアにご出演され、多くの著作を持つ山本未奈子さんに、今回特別にエイジングケアの秘訣についてお伺いしました。

スペシャルインタビュー 山本未奈子さん MNC New York- まずは、美容家を志したきっかけについて教えていただけますか?

はい。私は小さい頃から美容に関心があったのですが、敏感肌や乾燥肌といった悩みを持っていました。そんな時期にたまたま主人がニューヨークに転勤することになり、せっかくだったら美容の最先端が集まるニューヨークで勉強したいと思い、美容の学校に通い始めました。

そこで解剖学や細胞学といったものを勉強する中で、自分は間違ったお手入れによって乾燥肌や敏感肌を招いていたことに気づいたんです。

その後、皮膚科の先生とニューヨークでメディカルスパを立ち上げ、学校には講師として戻ることになりました。

そういった経験を経て日本に戻ってきた際に、ニューヨークで学んだことを日本の皆さんにもきちんとお伝えしなきゃいけないと感じたんです。ニューヨークで学んだことをもっと前にわかっていたら、自分の肌はもっときれいだったに違いないと思っていましたので、きちんとした情報を発信するために美容家として活動を始めました。

- 最近ではアンチエイジングやエイジングケアという言葉も頻繁に聞くようになりましたが、美容家として未奈子さんはエイジングケアについてどのように考えていますか?

「アンチエイジング」という言葉自体、日本ではまだまだネガティブにとられがちですが、いかにキレイに年齢を重ねられるかということが本当のアンチエイジングで、そのためのヒントは私たちの生活の中にあると思っています。

私たちの体は60兆の細胞で形成されていて、肌も例外ではなく細胞で形成されています。そしてその細胞は食事やお水が栄養となって作られているのです。私たちが口にしているもの全てが、私たちの肌を作っていると考えてください。

また、運動は身体の代謝を上げてくれます。身体の代謝が上がると、肌の代謝も上がります。肌は4週間で生まれ変わると言われていますが、その代謝を滞らせないためにも程よい運動が必要になってきます。

そして、私が最高の美容液だと思っているものが睡眠です。起きている間は脳と臓器に血液が集中しているのですが、休むことによって身体の毛細血管に血液が一気に行き渡ります。夜の睡眠をしている間に肌が修復されていくんですね。ですので、きちんと睡眠をとって、身体の隅々まで血液を行き渡らせることが重要になってきます。

食事やお水でしっかりと栄養を届けて、運動で肌の代謝を上げ、そして睡眠で血液を行き渡らせること。この3つの柱が基本中の基本になってきます。

高い化粧水を使ったり、手間をかけることによって美しい肌が生まれているわけではなく、食事や飲み物を見直したり、運動をしたり、良い睡眠をとることが美肌への一番の近道であり、エイジングケアにつながると思っています。

スペシャルインタビュー 山本未奈子さん MNC New York- 食事だけでなくお水などの飲み物も重要なんですね?

私たちの身体って約80%がお水で形成されていて、血液の95%、筋肉の75%、脂肪や骨までも20%がお水だと言われています。お水の摂り方にもポイントがありまして、60兆の細胞が必要としているお水って1時間に100~200mlなんですね。ですので、こまめに水分補給するのが大切なんです。1日2Lとかお水を飲むようにしている方もいらっしゃると思いますが、こまめに飲むのが大切なポイントになってきます。

また、冷たい飲み物は身体の代謝を下げてしまいますので、できるだけ常温や温かいものを飲んでいただくのがいいと思います。その際にシリカなどの美容成分が入っているフィジーウォーターなどを飲めるとより良いですね。

スペシャルインタビュー 山本未奈子さん MNC New York- 単にお水を飲むだけでなく、含まれている成分やその作用について意識することで効果も変わってきますね。

そうですね。美容にいいと言われている硬水のお水などもありますが、やっぱりおいしく飲めないと負担になってしまいます。無理はせず、良いものをおいしく飲めるのが一番だと思います。

私は寝る前にフィジーウォーターでハーブティーを作っているんですが、普通のお水で作ったハーブティーと全然味が違うんですよ。味がまろやかになって香りの立ち方も全然違うような気がしますね。

寝る前の時間というのはとても大切です。就寝前の30分にテレビを観たり、スマホをいじったりして脳に刺激を与えるようなことをせず、できるだけリラックスして過ごすことが大切ですね。

- スキンケアに悩んでいる方にアドバイスはありますか?

まだまだ多くの方が、肌に水分を与えて保湿するという考えが浸透していると思うのですが、肌の中の水分はお水ではないので、化粧水で保湿できるものではないんです。

肌の中の水分は「天然保湿因子」と言って、体内から湧き上がってくる水分なんです。

上からいくらお水をたたいても中に浸透するものではありません。ですから、化粧水で保湿するという考えを捨てていただきたいのです。

ではどうすれば良いのかということですが、体内から湧き上がってくる水分をいかに肌に留めておけるのかが本当の意味の保湿なんですね。

顔を洗いすぎるとバリア機能がなくなって、水分が蒸発してしまいます。洗い過ぎない、こすらない、そしてきちんとクリームなどで油膜を貼ってスキンケアを行なうことを心がけないといけないですね。

- 未奈子さんはどのくらい時間かけてスキンケアをされていますか?

私は全然時間かけないですよ。肌に必要なものさえ与えていれば、私は化粧水も使わないですし、クリームも使わないんです。乳液のみとか美容液のみとかでスキンケアを行なっているんですが、それで十分なんです。

ただ化粧水を使うほうが次の化粧品の浸透が良くなるので、その意味ではあったほうが良いのですが、極端な話、お風呂から出た瞬間にスキンケアをしていただければ化粧水は必要ないと思っています。

肌は潤っているほうが経皮吸収率が上がるので、お風呂から出た瞬間、まだ肌が潤っている間はそのまま美容液を使ってもらって大丈夫だと思います。

スペシャルインタビュー 山本未奈子さん MNC New York- 時間をかけずにエイジングケアを行なう秘訣はあるのでしょうか?

「エイジング=肌や細胞の酸化」ということを聞かれたこともある方もいらっしゃるかと思いますが、その酸化を防ぐものが「抗酸化物質」と言われる成分です。それを食事などできちんと摂っていれば、抗酸化作用で酸化を防いでくれ、肌や身体の老化を防いでくれます。

抗酸化作用の強い食べ物の見分け方は、なるべく色が強いものなんです。野菜でしたら赤やオレンジ、グリーンなど。

色の強いものは抗酸化作用が強いと考えていただいていいので、そういったものをジュースで摂り入れたり、ワインを選ぶ際は白ではなく赤を選んだり、そういったことを心がけていくと変わっていくと思います。

- 時間をかけたり、我慢をするということだけでなく、日常生活の中でほんの少し気をつけるということが大事なんですね。

負担が強いものは続けるのが難しいですから。続けられるものを選ぶといいですね。

食事と運動と睡眠の3本柱でできた、キレイな肌をメンテナンスするのがスキンケアだと考えていただいたほうが良いと思います。

- 最後に、未奈子さんのように若々しくエレガントでいたい女性にアドバイスをお願いします。

食事や睡眠、運動が大切というお話をさせていただきましたが、肌は貯金箱のようになっていて、長年蓄積されたものが5年後、10年後に現れてきます。

私は肌は普段の生活の成績表と思っているんですが、5年前にどんな食事や生活をしていたか、どんなスキンケアをしていたかが肌に出ているんです。

ですから未来の自分への投資だと思って、ご自身の生活の見直しやスキンケアに取り組んでいただきたいと思っています。

山本未奈子さんプロフィール
美容家/MNC New York株式会社代表取締役。
ニューヨーク州認定ビューティーセラピストであり、美容業界最高峰の英国ITEC国際ビューティースペシャリストの資格を持つ。ニューヨークの美容学校にて教鞭を執るかたわら、MNCメディカルスパを設立。2009年帰国後に美容ブランド「Simplisse/シンプリス」を発表。2013年にはアメリカのヘアアクセサリーブランド「France Luxe /フランス ラックス」の日本総代理店に。現在は、テレビや講演、美容記事の監修、執筆活動など多方面で活動中。著書多数。

書籍
『本当に知りたかった 美肌の教科書』講談社 (2013年8月)
『髪が10年若返る 頭皮ケアで始める 美髪バイブル』講談社 (2012年8月)
『毛穴レス美肌バイブル』マイナビ(2011年8月)
『美人になる食べ方』幻冬舎(2011年4月) 他