Interview

スペシャルインタビュー 伊藤貞文さん

化粧品ブランド「NARS(ナーズ)」のグローバル・アーティストリー・ディレクターとして活躍し、多くの女優さんやメイクアップアーティストさんから指名される大人気のメイクアップアーティスト、伊藤貞文さん。今回、多忙な撮影の合間のお時間をいただいてお話をお伺いしました。

- まずは読者の方のために、現在のご活動内容について教えていただけますか?

伊藤貞文さん スペシャルインタビュー メイクアップアーティスト

「NARS」という化粧品ブランドで「グローバル・アーティストリー・ディレクター」というお仕事をさせていただいています。日本だけではなくアジアの代表として、ニューヨークやロンドンでのファッションウィークのショーでメイクをさせていただいたり、海外でアジアのアーティストを集めてメイクを教えたりと、様々な活動をしています。また、事務所に所属して、フリーランスでメイクアップアーティストをさせていただいています。

- メイクアップアーティストになったきっかけはなんですか?

子供の頃からファッションやエンターテインメントの世界に興味があり、それに関係するお仕事がしたいという気持ちが漠然とありました。高校生になったときに、普通に受験をして大学生になると思っていたのですが、クラスメイトに英語がペラペラな子がいたんです。その子が言った「私は英語をしゃべれるけど、手に職もないし、英語以外に何か持っていないと海外では相手にされない」という言葉を聞いて、自分も何か得意なことを見つけないと負けるなと思ったので、好きなことや嫌いなこと、苦手なことを選別して選んでいったら、最終的に「ヘア」か「メイク」かどちらかなという決断に至りました。

顔の仕事がしたかったのですが、当時の日本は「ヘア」と「メイク」は分かれていなかったので、分かれている海外への留学を強く意識し始めました。ニューヨークへ留学し、帰国したタイミングがちょうど「NARS」が日本でデビューするというときだったので、すぐに試験を受けて「NARS」の一期生として新宿伊勢丹で働き始めました。

入社当時から「ニューヨークのファッションウィークに行きたい」と会社にアピールしていて、ニューヨークに行かせてもらえるようになった頃、フランソワ・ナーズという、「NARS」のブランドの創設者・クリエイティブディレクターが「MARC JACOBS」のショーでカムバックすることになったんです。その現場で人が嫌がる仕事も率先してなんでもやっていたら、信頼を得ることが出来、それ以降彼が現場をリタイアするまで、全てのバックステージとメイクテストに参加させてもらいました。それがきっかけで日本に帰った頃には、違うお仕事もどんどんいただけるようになりました。

- 「メイクアップアーティスト」という職業は人気があり、サダさんに憧れる方も多いと思うのですが、サダさんのようになるためのアドバイスをいただけますか?

伊藤貞文さん スペシャルインタビュー メイクアップアーティスト

こういうお仕事って、どうすればどうなれるっていう正解はないと思うんです。みんな人それぞれだと思うし。唯一言えるのは、「やりたいっていう強い気持ちを持つこと」と、「そのために自分がどう動けば良いかということを考えて動くということ」、あとは「世の中自分だけが得することなんて何もないということをわかってお仕事をする」ということだと思います。周りの人と一緒にハッピーでいられなかったら成功はしないと思っています。何かをさせてもらったら何かを返せるだとか、自分だけでなく、みんなでハッピーになることを想像できたほうが、結果的に自分に返ってくると思うので、自分だけの利益で世の中回らないというのは理解しておいたほうが良いと思いますね。

- とてもお忙しいお仕事だと思いますが、どんな時に喜びを感じますか?

やっぱりメイクをした相手が喜んでくれるのが一番嬉しいですね。お仕事によっては長いプロジェクトで、なかなか結果が出ないお仕事ってあるじゃないですか。でもメイクアップアーティストって、毎日メイクをした相手からリアクションをいただけるんです。メイクをした相手が喜んでくれたらそれで単純に嬉しいし、短いスパンで満足感を得られます。毎日毎日それがリフレッシュされていくので、良い仕事だなと思っています。

- 今までお仕事をする中で特に印象に残っているエピソードがありましたら、ぜひ教えてください。

伊藤貞文さん スペシャルインタビュー メイクアップアーティスト

たくさんあるけど、「MARC JACOBS」のショーに初めて入ったときに、そのシーズンが60人以上のモデルがいて、全員違うヘアメイクをするというショーだったんです。80年代のディスコがテーマで、派手なメイクと派手な洋服。ヘアメイクテスト自体も2日間やって、20人くらいヘアメイクを色々試していくので、時間もすごくかかったけど、がむしゃらにやったあの感覚や、学んだことがたくさんあったので印象に残っていますね。

あとはアジアに行かせていただいて、現地のアーティストと意見の食い違いがたくさんあり、印象に残っています。その国のやり方とか、色々あるのはわかるのですが、ブランドを代表していくには、ブランドにとって違うということは、そのままには出来ません。そんなときに、お互いの着地点を見つけるプロセスが楽しかったりします。妥協はしないんです。お互い全員がハッピーでいるために、どこが一番良い着地点なのかということをコミュニケーションをとりながら見つけていく。自分一人でも探せない答えだから、それを一緒に探していく。そして、それは、何一つとして同じ答えはなく、人や時代が変わればそれも変わるんですよね。

- 今年(2019年)のクリスマスにオススメのメイクを簡単に教えてください。

伊藤貞文さん スペシャルインタビュー メイクアップアーティスト

今って本当に時代が変わって、みんなでトレンドを真似するというより、それぞれがそれぞれの今を楽しむということが大事なので、バリエーションもすごく増えていて、今年は何色!というのはなくなってきていますよね。ただ、ホリデーシーズンは普段よりは華やか、ちょっとオシャレしたいという気持ちはすごくあると思います。今年よく見るのはキラキラが入った赤いリップ。色々なブランドから出ていますよね。一般の女性がやるには、一番シンプルなので、リップを変えるだけで気持ちも変わるのでオススメです。

- では、次にプライベートについて教えてください。休日はどのように過ごされていますか?

伊藤貞文さん スペシャルインタビュー メイクアップアーティスト

普段お仕事はスケジュールが組まれているので、休日はあまり大きい行事を前もって予定するのは好きではなく、できるだけ自然に過ごしたいですね。その日にやりたいと思うことをやってると、割とダラダラしちゃうことも多いんですけど(笑)。あとは、友人と会うのは一番のストレス発散になるので、友人と過ごすことも多いですね。

- 美容や食生活などで気を使っていることはありますか?

元々アレルギー体質で、薬をたくさん飲んでいたんです。子供ながらに偏頭痛とかすごく多くて。それを見た母親が、これはまずいと中学校に上がるタイミングで薬を全部止め、その代わり、食事をすごく変えたんです。そうすると、3年でアレルギーがほとんど治りました。食事が大事なんだなと実感しました。それですごく食にこだわっていた時期もあるんですが、それよりも自由に色々なものを試しているような人の方が素敵だなと思えてきて。ストイック過ぎないほうが、心の健康にとってはベターなのかなと。何事も適度に気を付けるということでしょうか。30代後半になったときに急に疲れるようになってきて、これはまずいなと思い、去年くらいからジムで運動をするようにしてますね。

- フィジーウォーターを飲まれていかがでしょうか?

パッケージがすごく好きなのもあり、海外でもフィジーウォーターがあるところではフィジーウォーターを飲ませていただいています。味もゴクゴク飲めて飲みやすい。するっと入ってくる感じがわかるので良いです。水分が肌に浸透しやすい気がします。

- 好きな言葉、座右の銘のようなものがありましたら、ぜひ教えてください。

伊藤貞文さん スペシャルインタビュー メイクアップアーティスト

「マイペンライ」。タイ語なんですが、英語で言うと、「Take it easy」です。「どうにかなるさ、気にしない」という意味なんですけど、タクシーの運転手が道を間違えてしまってそのときに、自分で「マイペンライ」って、間違えた本人が言ってるんですよ(笑)。最初は「え?」と思ったけど、こういう感覚も大事だなって。なるべく、「マイペンライ」と思うようにしています。

- 最後に、今後チャレンジしていきたいことについて教えてください。

自分がメイクアップアーティストを志したきっかけの一つに、女性と関わる仕事がしたいというのがありました。今は時代が変わってメイクは女性がやっても男性がやっても誰がやってもいいと思うんですが、やっぱり女性がより輝くため、自分らしくいられるためにメイクをしてほしいなと思います。誰かのためというより、自分が自分らしく輝くために、ポジティブにメイクをしてほしい。それを応援するお仕事ができたら良いなと思っています。

伊藤貞文さん スペシャルインタビュー メイクアップアーティスト

伊藤貞文さんプロフィール
メイクアップアーティスト、NARSグローバル・アーティストリー・ディレクター。2001年、NYから帰国後、NARS JAPANで活動を開始。NY、パリ、ロンドン、東京など世界のファッションウィークでリードメイクアップアーティストとして活躍する。また国内外の広告、ファッション誌、TVCF、PVなど活動の場を広げている。Instagram @sadaito

※インタビュー内容はすべて個人の感想です。