Interview

スペシャルインタビュー 亘つぐみさん

亘つぐみさん スペシャルインタビュー スタイリスト

多くの女優やモデルから絶大な支持を集める人気スタイリストの亘つぐみさん。『逃げるは恥だが役に立つ』では新垣結衣さんのスタイリストを担当するなど、ドラマやCM、雑誌など様々な場でご活躍されています。今回はドラマ撮影で多忙な中、特別にお時間をいただいて、お話をお伺いしました。

- まずは読者の方のために、現在のご活動内容について教えていただけますか?

亘つぐみさん スペシャルインタビュー スタイリスト雑誌やCM、ドラマ、ディレクション、アドバイザー、ファッションショー、ブランドのヴィジュアル、写真集など、様々なことをやっています。アドバイザーは、デザインのアドバイスをしたり、コラボを作ってみたり、色々なお話をいただいて、自分が興味を持てるものは何でも積極的に受けていますね。

元々は「スタイリスト」という仕事なので、洋服のスタイリングをするということが全てだったんですけど、やっていくうちに洋服を集めて着せるという仕事は、ファッション誌だけに限るわけではないんだなと。体に身につけるもので表現することがすごく好きなので、来た仕事は何でもやるという風にやっていくうちに色々な仕事が来るようになってきて、仕事の幅が広がっていきました。

- 特にどんなジャンルのお仕事がお好きなんですか?

どれも面白さがそれぞれあるんです。ドラマにはドラマの楽しさがあるし、ファッション撮影はファッション撮影で、自分が好きな服だけを集める。コマーシャルになってくると、そのイメージに基づいてやるという制約が生まれてくるんですけど、その制約の中で自分の表現方法を見つけてやっていくことが楽しい。ショーの緊張感もとても印象に残るし達成感もある。だからどれが一番好きなジャンルかと聞かれるとすごく悩むんです。

- 「スタイリスト」という職業に憧れる方も非常に多いと思うのですが、どうすればなれるものなのでしょうか?

亘つぐみさん スペシャルインタビュー スタイリスト一番の近道は、誰かのアシスタントについて経験を積み独立することです。私は専門学校も行ってないし、洋服関係の仕事もしてないんですけどね。自分がやりたいと思って独学で学んだので時間がかかったし、仕事がない時期が人より長かったと思います。

以前は某ブランドのPRをしていて、スタイリストさんが服を借りに来るときにお話ししたりして、「向いているんじゃない?」なんてことを言われることが増えてきて、「スタイリスト」という職業を意識し始めました。アシスタントにもつかず、会社を辞めて次の日には「私はスタイリスト」と浮かれていたんですけど、誰も私がスタイリストってことを知らないので大変でしたね。知り合いから撮影に呼んでもらえたり、仕事を振ってもらったり、細々と少しづつ仕事がもらえてきた感じです。

仕事が少ない時期は6年くらい続きました。実家だったのが幸いで、遊びに行くときは友達がおごってくれたり。「ハイエンドの雑誌で仕事ができるようになるまで頑張る!」って毎日思いながら眠りにつきました。それがモチベーションでした。

- とてもお忙しいお仕事だと思いますが、どんなときに喜びを感じますか?

着る人が満足しているのを見ると嬉しい。着る側も自分が好きで買った服ではないので、仕事として着るという想いがあるとは思うんですけど、ただそのことを忘れて気に入ってくれるとすごく嬉しいです。そしたら評判も付いてくるんですよね。

- お仕事の中で特に印象に残っているエピソードがありましたら、ぜひ教えてください。

亘つぐみさん スペシャルインタビュー スタイリスト印象に残っているのはファッションショーかな。いっぱいあるのですが、中でもパトリシア・フィールドが初めて日本に来たときにやったファッションショーは忘れられないです。

パトリシア・フィールドがスタイリングをしていて、私はまだなりたての頃で、「アシスタントをやる!」と靴の回しの係をやらせてもらったんです。ショーの時、靴が数点しかなく、その数点を40ルック分で回さなくてはならない、かなり危険な回しだったのですが、どれも間違わずに全部やりきりました。そのときにパトリシアは私のことを信頼してくれたんだと思うんです。

その後パトリシアは「Sex and the City」をやって、色々な企業から呼ばれるようになって、その後パトリシアが来てショーをやったとき、私もスタイリストとして入ったんです。すごく嬉しかった。やっぱりファッションショーは本当に印象深いです。

- では、次にプライベートについて少し教えてください。休日はどのように過ごされていますか?

休みは少ないですが、休日は本当に何もしないで家のことをやっています。普段何もできないので、掃除をしたり、家事周りの仕事ですね。時間をかけてゆっくりご飯を作るとか。料理は無になれるから好きなんです。あとは運動をしているので運動をより念入りにやるとかですね。逆に洋服を買いに行くとかはあまりないです。日頃見て回っているときについ買っちゃうので・・・。あまり見に行きたくないんですよね、買っちゃうから!(笑)休みの日は行かないようにしています!でもストレス発散は運動と買い物です。(笑)

- ブラジリアン柔術をされていらっしゃるそうですが、どんなきっかけではじめましたか。また、どのような魅力があるのでしょうか。

柔術は夫がしていたことがきっかけなのですが、はじめは全く興味が湧かなかったんです。ブラジリアン柔術は地味なスポーツで、寝技だし、音がするわけでもない、しゃべってもいけない。でも夫にいつも「やってみたら?」と言われていたので、女子クラスがスタートするのをきっかけに始めたら、思いの外楽しくてずっと続けてます。やった人にしかわからない癖になる魅力があるんですよね。頭もすごく使うし無になれます。

夫婦で共通の趣味を持っていることもいいなって思います。夫婦円満の秘訣は「当たり前に思わないこと」。相手がいつもいてくれると思わないほうがいいですね。「今日じゃなくても、明日でいい」が、「毎日、明日でいい」になってくると相手に対しても失礼だなって思うんです。いつも綺麗でいることを心がけるのも大事ですね。

- つぐみさんはスタイルも抜群で、お肌もキレイな印象があります。美容や食生活などで気を使っていることはありますか?

亘つぐみさん スペシャルインタビュー スタイリスト運動しているからですね。運動していると体って締まるから、今よりは良くなります。誰かの体になれるわけではないけど、今よりは良くなるから、気分的にも全然変わります。お腹周りが太ってきたことがあって、筋トレから始めたんですよね。年齢とともに消化能力が落ちて来て脂肪になってついてくるだけだから運動を始めました。そしたら脂肪が落ちたから嬉しくて、だからやれるときはやっていますね。

最初は一週間に一回やっていただけ。無理にやっても続かないし、習慣にした方が良いから。一週間に一回でも定期的にやったら3ヶ月で体が変わる!そうすると嬉しくて、維持するためにもっとやる。維持ができてくると習慣になるんです。やったら本当に変わるのは運動。運動すると元気も出るんです。アドレナリンや成長ホルモンも出るから結果的に美容にもいいのかも。

- いつもフィジーウォーターをお飲みいただいてありがとうございます。フィジーウォーターを飲まれていかがでしょうか?

私はジュースとか清涼飲料水はあまり飲まないんです。その分、水は贅沢して飲んでもいいんじゃないかなって思うんです。コーヒーだって400円~500円しても買いますよね。そしたら水が200円だとしても安いもんじゃないって思っているので、自分が美味しいと思うものを飲むようにしてます。

フィジーウォーターを最初に見たのはハワイでした。最初は「フジ」って読んでいて。(笑)日本の水?みたいに思ってたけど、よく見たら「フィジー」なんだって。可愛いから買ったんです。美味しかったのですが、その頃はまだ水を飲む習慣はついていなくて、むしろあまり好きではなくて・・・。味があるものが良かったのですが、だんだん運動していくようになったら水が美味しいと気付いたんです。それで水を飲むことが習慣になり、水選びが始まりました。

なぜフィジーウォーターを飲んでいるかといったら、牛乳や魚でカルシウムを摂るなどよく聞きますが、実は水の方がカルシウムが入っているのでたくさん摂れるんですよ。シリカもたくさん入っているし、色々な意味でバランスが取れているので、フィジーウォーターを飲んでます。健康のために!

亘つぐみさん スペシャルインタビュー スタイリスト- 好きな言葉、座右の銘のようなものがありましたら、ぜひ教えてください。

「ありがとう」と「ごめんなさい」。いつでもありがとうとごめんなさいが素直に言える人でありたいと思うから。なかなか人って言わなくないですか?特に身近な人に。父親にも言われたことがあるんです。「ありがとうとごめんなさいはずっと言えている女性でありなさい。それが愛らしいから。キレイな人より愛らしい女性は一生愛されるからね」と。いつまでも大事にしたいなと思う言葉です。

- 最後に、今後チャレンジしていきたい事についてぜひお聞かせください。

そうですね、この仕事はとっても楽しいので、ずっと続けていきたいです。それとは別にお店をやってみたいなと思っています。それが洋服のセレクトショップなのか、リース屋さんなのか食べ物屋さんなのかはわからないけど、全然やったことがないことだからいつかチャレンジしてみたいと思っています。

亘つぐみさんプロフィール
東京生まれ。スタイリスト。シンプルで女性らしく、エレガントでセクシーなスタイリングに定評がある。『VOGUE』『ELLE』『HERS』などの雑誌、写真集、広告、ビジュアル制作ディレクションの他、ファッションショー、ブランドプロデュースなど、多岐にわたる分野で活躍。Instagram @tsugumiw

※インタビュー内容はすべて個人の感想です。